新築の家やリフォームした家などに移り住んだ事により、呼吸障害、頭痛、吐き気、目がチカチカする、涙が出る、鼻炎になるなどの症状が起きる事をシックハウス症候群を言われています。風邪やアレルギーなどと区別が難しいのですが、転居などで別の家に移り住む事で改善します。
もし、転居してから、このような症状が頻繁に起きる、なかなか改善されない場合には、シックハウス症候群を疑いましょう。比較的症状の軽い場合は、転居するなど、その場所を離れれば改善されますが、慢性化すると離れただけでは改善されない場合もありますので早めの対処が大切です。

なぜシックハウス症候群は起こる?

原因として、寒さ暑さを防ぐための住宅の高気密化や、建材や新しい家具などから出る化学物質による室内の空気汚染などがあります。その他にもカビやダニなどによるアレルギーの関連、居住者の体質の変化、じゅうたんなどから発生する化学物質の影響など色々な要因が考えられ、まだはっきりした事は分かっていません。
一番問題なのは、実際にその家に住んでみないとシックハウスの症状が出るのかどうかが分からないということです。
多額の費用をかけ楽しみにしていた新築や改築した家なのに、健康被害のため住む事ができないのはとても腑に落ちなく残念でなりません。

家庭でできるシックハウス対策

住宅が高気密化された事により換気性が悪くなり、部屋の中の空気の流れが留まってしまう事も原因と言われています。24時間換気システムは常に作動しておく、新築や改築したばかりの時は化学物質の発散が多いので十分すぎるぐらいの換気を行いましょう。
特に夏場は高温多湿になり、化学物質の発散が増加します。定期的に複数の窓を開け、汚染された空気を外に出し新鮮な空気を取り込みましょう。
新しいじゅうたんやカーテン、家具、床のワックスなども化学物質を発散しますので注意が必要です。

住宅業界でのシックハウス対策

新築やリフォームの際には建築基準法により、厚生労働省が決めた化学物質は使わないように規制されています。
建材メーカーはシックハウスになる原因の物質を、極力減らした製品を作るため力を入れていますが、まだ、生活の中にある全部の製品からホルムアルデヒドなどが完全に無くなったわけではありません。
建築基準法が改正された2003年からは、濃度指針を越えた住宅は減りましたが患者は減っていないという事実を見ても、一口にホルムアルデヒドが原因とは言い難いようです。

  • ●全面リフォーム・・・エコリフォーム,耐震工事,中古住宅全面リフォーム,増築,マンション全面改装,戸建て全面改装,空家改修,防音工事,断熱工事,自然素材リフォーム,店舗工事,シロアリ防蟻(駆除),他
  • ●水廻りリフォーム・・・キッチン,システムキッチン,お風呂,ユニットバス,タイル風呂をユニットバスに,浴室サイズアップ,浴槽交換,洗面台交換リフォーム,トイレリフォーム,ウォシュレット取り付け,給湯器交換工事,他
  • ●内装リフォーム・・・壁紙クロス張り替え,フローリング,カーペット,クッションフロア,屋根裏収納,床補修,和室を洋室にリフォーム,クロゼット新設,内装ドア交換,クローゼットドア交換,和室リフォーム,畳,障子,襖,他
  • ●エクステリアリフォーム・・・屋根葺き替え工事,屋根塗装工事,外壁塗り替えリフォーム,外壁サイディング工事,塗装,窓,外構工事,雨戸工事,玄関ドア交換,門扉リフォーム,カーポート・駐車場工事,雨漏り修繕,フェンス,ブロック塀,ベランダ,ウッドデッキ,看板工事,他
  • 大阪府:高槻/茨木/枚方/吹田/寝屋川/摂津/池田/箕面/門真/守口/豊中/島本町
    兵庫県:尼崎/宝塚/西宮/川西
    他近隣地域についてはご相談下さい。京都は南部エリアのみ対応可能です。