古民家リフォームとは古い民家を修復し、現代にあった快適な機能と木のぬくもりのある癒しを持ち合わせた環境にやさしいリサイクルを意味します。
種類としては、「移築再生」、「現地再生」、「古材を織り交ぜた新築」の3種類があります。
最近では、全国で古民家リフォームがちょっとしたブームになっているようですね。ここでは、気になる古民家リフォームにかかる費用などをご紹介します。

古民家の魅力

古民家の魅力は、時代を経た独特なぬくもりであったり、太い梁や柱であったり、開放感あふれる空間であったりと多くの魅力があります。古民家を今風にモダンにしたり、障子や格子窓、囲炉裏などを利用してレトロ風なインテリアにしたりと現代建築では持ち合わすことができない和モダンをつくりだすことができます。

古民家の再生例

定年退職後は、田舎で家庭菜園を楽しみながら暮らしたいというAさんは、郊外の古民家を購入しリフォームすることにしました。希望は、老後のことを考えバリアフリーを希望しました。
他には毎日使うキッチンやトイレなどの水周りの機能性のある設備の交換。梁や柱は健康にも配慮して古いものをそのまま利用。これにより温かみのある空間を実現しました。
古いものと新しいものを織り交ぜることで古民家リフォームの意味を最大限に生かせた例と言えるでしょう。

古民家リフォームの価格相場

古民家のリフォーム価格もバリアフリーの採用や場所を変えた移築・再生など設計プランによって大きく左右されます。
坪単価も30万円~上は100万円までと相場にもかなり開きがあるようです。
移築再生の場合などは、解体費、運搬費などリフォーム費用以外に余計な費用がかかります。古民家リフォームを完成させるためには、費用もさることながらエネルギーと妥協が求められるかも知れませんね。

古民家づくりの目的

田舎へのUターン、都会からの脱却、定年後の終の住まい、古民家を利用したお店を開くためなど目的は人それぞれでしょう。アトピーのお子さんを持つご家族が古民家住宅へ引越してアトピーが治った、夫婦2人で家庭菜園のある古民家住宅へ住み始めて張のある毎日がおくれるようになったなど嬉しいニュースも時々みかけます。
中には商売を目的に古民家を購入してリフォームする人もいるようです。手打ちそば屋やアンティークショップなど歴史ある古民家のよさをお店のイメージとうまくからませて個性豊かなお店づくりをしている人もいるようです。
目的は違っても古民家のおもむきある風情を生活に取り入れられるのは贅沢なことと言えるのではないでしょうか。

  • ●全面リフォーム・・・エコリフォーム,耐震工事,中古住宅全面リフォーム,増築,マンション全面改装,戸建て全面改装,空家改修,防音工事,断熱工事,自然素材リフォーム,店舗工事,シロアリ防蟻(駆除),他
  • ●水廻りリフォーム・・・キッチン,システムキッチン,お風呂,ユニットバス,タイル風呂をユニットバスに,浴室サイズアップ,浴槽交換,洗面台交換リフォーム,トイレリフォーム,ウォシュレット取り付け,給湯器交換工事,他
  • ●内装リフォーム・・・壁紙クロス張り替え,フローリング,カーペット,クッションフロア,屋根裏収納,床補修,和室を洋室にリフォーム,クロゼット新設,内装ドア交換,クローゼットドア交換,和室リフォーム,畳,障子,襖,他
  • ●エクステリアリフォーム・・・屋根葺き替え工事,屋根塗装工事,外壁塗り替えリフォーム,外壁サイディング工事,塗装,窓,外構工事,雨戸工事,玄関ドア交換,門扉リフォーム,カーポート・駐車場工事,雨漏り修繕,フェンス,ブロック塀,ベランダ,ウッドデッキ,看板工事,他
  • 大阪府:高槻/茨木/枚方/吹田/寝屋川/摂津/池田/箕面/門真/守口/豊中/島本町
    兵庫県:尼崎/宝塚/西宮/川西
    他近隣地域についてはご相談下さい。京都は南部エリアのみ対応可能です。