建て替えやリフォーム時の建築業者を選ぶ最善の方法は比較検討です。建築業者の比較、見積もりの比較などをすることにより各業者の長所や短所が見えてくるからです。ここでは大きく4つに分けた建築業者の特徴を紹介していきます。

大工

地域密着型のため施主と工事する人の間に信頼関係がすでに出来上がっていることが特徴です。個人のため融通が利きますが、工期が長めになること、仕上がりは大工の腕次第になります。もっとも、大手の業者に依頼しても結局は、大工さんや工務店などへ下請けに出すので実際の工事する人の評判がわかるだけいいのかも知れません。

工務店

大きく分けると地域型で個人の工務店と大手工務店に分けられます。
個人の工務店は大工さんのように地域密着型のためアフターケアに安心感があります。
大手工務店は、工事のために職人の手配をしますがこの点は住宅メーカーと似ています。 アフターケアやこまめなアドバイスも受けられますが、要は優良な工務店を選ぶことが重要になります。口コミや評判などの情報収集で信頼できる工務店へ依頼しましょう。

住宅メーカー

モデルルームなどで全国展開している大手住宅メーカーになります。工事をスムーズに行うための職人や工務店の手配、システム化された工法など高い技術力、品質管理体制を持ち合わせています。中には、自社で部材の開発を行うところもあるようです。
注意したいのは、転勤などで担当者が変わったり多忙のため連絡がすぐに取れなかったりする場合などがあります。

設計事務所・建築家

平たく言うと建築監査の役割を持ち建築現場で手抜き工事がないか、設計通りに工事されているかを指導する人を言います。
「家は3回建てないといい家はできない」とよく言われていますが、そんな痛い目に合わないためにもセンスのある設計事務所・建築家を選びたいものです。では、よい設計を依頼したとして、現場での作業は誰が行うのでしょうか?それは、設計事務所・建築家がすでに取引している工務店などが多いようです。
ときに施主の指定する業者の場合もあるようですが、いずれにしても建物は設計で決まりますのでデザイン、性能にすぐれた技術をもつところを選ぶのがいいでしょう。

比較検討の中から業者を選ぶ

業者を選ぶポイントは、施主の希望する項目の比較検討から始まります。例えば、プレハブ工法で建てたいと思った時は、大工さんに依頼しても専門外になってしまいます。
反対にオーダーメイドで純和風住宅にしたい時などは、大工さんや地域の工務店などが向いているかも知れません。比較検討したあとさらにその業者の実績や評判などの情報を収集し決定していきます。

  • ●全面リフォーム・・・エコリフォーム,耐震工事,中古住宅全面リフォーム,増築,マンション全面改装,戸建て全面改装,空家改修,防音工事,断熱工事,自然素材リフォーム,店舗工事,シロアリ防蟻(駆除),他
  • ●水廻りリフォーム・・・キッチン,システムキッチン,お風呂,ユニットバス,タイル風呂をユニットバスに,浴室サイズアップ,浴槽交換,洗面台交換リフォーム,トイレリフォーム,ウォシュレット取り付け,給湯器交換工事,他
  • ●内装リフォーム・・・壁紙クロス張り替え,フローリング,カーペット,クッションフロア,屋根裏収納,床補修,和室を洋室にリフォーム,クロゼット新設,内装ドア交換,クローゼットドア交換,和室リフォーム,畳,障子,襖,他
  • ●エクステリアリフォーム・・・屋根葺き替え工事,屋根塗装工事,外壁塗り替えリフォーム,外壁サイディング工事,塗装,窓,外構工事,雨戸工事,玄関ドア交換,門扉リフォーム,カーポート・駐車場工事,雨漏り修繕,フェンス,ブロック塀,ベランダ,ウッドデッキ,看板工事,他
  • 大阪府:高槻/茨木/枚方/吹田/寝屋川/摂津/池田/箕面/門真/守口/豊中/島本町
    兵庫県:尼崎/宝塚/西宮/川西
    他近隣地域についてはご相談下さい。京都は南部エリアのみ対応可能です。