建て替えでは、建築費用以外に仮住まい、引越し費用、税金、登記等に必要な資金などが発生するので、あとあとトラブルがないような計画的な資金計画を検討する必要があります。借り入れ時期の借主の年齢や年収にもよりますが個々のケースに応じた必要資金や借り入れ方法に配慮する必要があります。

無理のない資金計画

リフォームでは数十万円から数百万円。建て替えでは数千万円とそれぞれ負担費用に差がありますが、いずれも資金計画をおろそかには出来ません。
発生する金額が本当に妥当かどうか、様々な面から検討しなければなりません。頭金の多い方もいれば、ローンを多く組まなければならない人もいます。まずは自分の資金力に目を向け、無理のない資金計画を作る必要があります。

自己資金の準備

頭金は購入価格の3割が基本とよく紹介されています。この自己資金が貯金などですでに調達できていれば問題ありませんが、自己資金が少ない場合はどうすればいいのでしょう。あきらめることはありません。ここではいくつかの方法をご紹介していますので参考にして下さい。

1つ目は、親からの「贈与」ではなく「借入れ」をする方法です。「借入れ」の場合、親子間であっても金銭賃借契約書を取り交わし、返済期間や金利を設定します。そうすることで贈与ではない、また贈与税を発生させないために必要な方法なのです。さらに契約書の内容どおりに返済すれば税金はかかりません。
2つ目は、職場での財形住宅融資を利用する方法です。財形貯蓄では、10倍の融資(最大4000万円まで)を受けることが可能です。仮に200万円の貯蓄残高があれば、2000万円まで融資が受けられます。勤めている会社へ問い合わせてみるのもいいでしょう。
最近では、自己資金が少ない場合でも女性を対象にした住宅ローン商品が登場しているようです。

公的融資

新築に限らずリフォームでも、同じように住宅金融公庫や財形住宅融資の利用が可能です。 例えば、住宅金融公庫の「リフォーム融資」は、最高1,200万円(工事費の80%限度、別途加算あり)で、返済期間は最長20年、全期間固定金利となっています。

銀行などの民間融資

銀行など住宅ローンを扱っている金融機関のほとんどがリフォームローンも扱っています。
さらに民間リフォームローンは、有担保ローンと無担保ローンに分かれます。
有担保ローンは、住宅ローンとほぼ同様の条件で借入れ可能で融資限度額も無担保ローンより多く借入れできます。一方、無担保ローンは、融資限度額が小さいですが、担保なしでも融資が可能です。ちなみに金利は有担保ローンの方が低いようです。

助成金の利用

自治体では、バリアフリーリフォームや耐震リフォームなどの助成金制度を設けています。また、高齢者対策のための住宅リフォーム補助や助成金が受けられるケースもあります。目的にあった助成を受けるためにも事前に、住宅会社の担当者やお住まいの自治体などに相談することをおすすめします。

  • ●全面リフォーム・・・エコリフォーム,耐震工事,中古住宅全面リフォーム,増築,マンション全面改装,戸建て全面改装,空家改修,防音工事,断熱工事,自然素材リフォーム,店舗工事,シロアリ防蟻(駆除),他
  • ●水廻りリフォーム・・・キッチン,システムキッチン,お風呂,ユニットバス,タイル風呂をユニットバスに,浴室サイズアップ,浴槽交換,洗面台交換リフォーム,トイレリフォーム,ウォシュレット取り付け,給湯器交換工事,他
  • ●内装リフォーム・・・壁紙クロス張り替え,フローリング,カーペット,クッションフロア,屋根裏収納,床補修,和室を洋室にリフォーム,クロゼット新設,内装ドア交換,クローゼットドア交換,和室リフォーム,畳,障子,襖,他
  • ●エクステリアリフォーム・・・屋根葺き替え工事,屋根塗装工事,外壁塗り替えリフォーム,外壁サイディング工事,塗装,窓,外構工事,雨戸工事,玄関ドア交換,門扉リフォーム,カーポート・駐車場工事,雨漏り修繕,フェンス,ブロック塀,ベランダ,ウッドデッキ,看板工事,他
  • 大阪府:高槻/茨木/枚方/吹田/寝屋川/摂津/池田/箕面/門真/守口/豊中/島本町
    兵庫県:尼崎/宝塚/西宮/川西
    他近隣地域についてはご相談下さい。京都は南部エリアのみ対応可能です。