2016年7月15日 /

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強度のあるカーゲートを導入しました。

導入前のカーゲート。金属製で出来たカーゲートは距離があるとアコーデイオン部分のつなぎ目が錆びたり、レールが痩せてきたリ、タイヤが乗り上げたり、曲がったりと開け閉めが難しくなってきます。


カーゲート用のレールを新設します。

施工後の写真


完成別角度からパシャリ。

カテゴリー :

セパレート式ブロックキッチンとシステムキッチン-茨木

セパレート式のブロックキッチンは、排水の繋ぎ工事と取り付け費だけしかかからない場合がある為、工事費が... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室は傷みが出やすい。-高槻

在来工法で作られた浴室は、周囲をセメントやコンクリートで囲われた浴室となります。コンクリートは強度は... 続きを見る

カテゴリー :

店舗・事務所の原状回復(改装)工事-茨木

戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室にユニットバスを拡張して設置-高槻

在来浴室にユニットバスを入れる場合のデメリットとして、設置作業する為のクリアランススペース(両サイド... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴槽から在来浴槽に変更しました。-高槻

現代のお風呂は2種類存在し、マンションで主に使われる構造体を傷を付けないユニットバス系と旧来から戸建... 続きを見る