内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。
重ね張りの場合は、既存のフローリングを捲らず上にそのまま張り付けていきます。
コストを抑えた張替え方法ですが、デメリットとして、剥離している既存のフローリングの場合、
年数が経ってくると、接着不良による床鳴りの原因となります。
対策としては、剥離している箇所を特定してビスや接着剤で固定していきます。

重ね張りはフロアー材の厚み分だけ嵩上げされますので、サッシやドアの敷居の取り合い部分の厚みが出てきますので、場合によってはドアの下端をカットする場合も出てきます。

コストを抑えた工法ですが、末永く使っていく場合は、張替えをお勧めします。
張替えの場合は、フロアー材を剥がして下地の状態がチェックできるので、安心かもしれません。


施工前の和室とリビング

施工後のリビング


今回の現場は、和室の鴨居、敷居を撤去し、台所と和室をつないで1部屋のLDKに。フローリングを張り替えてバリアフリー仕様に仕上げました。
需要の多い工事ですね。

カテゴリー :

増築リフォーム工事-高槻

建物が経って数十年。 家族構成や生活のスタイルも前と変化があるかもしれません。 住まいにも変化が現れ... 続きを見る

カテゴリー :

フローリング張替えました。-尼崎

トイレ入替と、洋間床のジュータン張りからフローリング貼りに変更しました。 じゅうたん張りの洋間 入れ... 続きを見る

カテゴリー :

和瓦を軽量のスレート葺きの屋根に-高槻

和瓦は耐候性に優れていますが、和瓦自身の重さによる屋根の沈み込みよる防水性の欠落なども出てきます。又... 続きを見る

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダ防水工事-枚方

建物の傷みは外部から、特に雨水の侵入によってダメージが蓄積されていきます。そのためベランダには注意を... 続きを見る