内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。
重ね張りの場合は、既存のフローリングを捲らず上にそのまま張り付けていきます。
コストを抑えた張替え方法ですが、デメリットとして、剥離している既存のフローリングの場合、
年数が経ってくると、接着不良による床鳴りの原因となります。
対策としては、剥離している箇所を特定してビスや接着剤で固定していきます。

重ね張りはフロアー材の厚み分だけ嵩上げされますので、サッシやドアの敷居の取り合い部分の厚みが出てきますので、場合によってはドアの下端をカットする場合も出てきます。

コストを抑えた工法ですが、末永く使っていく場合は、張替えをお勧めします。
張替えの場合は、フロアー材を剥がして下地の状態がチェックできるので、安心かもしれません。


施工前の和室とリビング

施工後のリビング


今回の現場は、和室の鴨居、敷居を撤去し、台所と和室をつないで1部屋のLDKに。フローリングを張り替えてバリアフリー仕様に仕上げました。
需要の多い工事ですね。

カテゴリー :

珪藻土左官工事-高槻

軽微な営繕工事など、お願いしても対応してもらえるのだろうかと心配しても当社は問題ありません。 小さな... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替ました。-兵庫

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強... 続きを見る

カテゴリー :

和室の畳を無垢フローリングに。-茨木

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり... 続きを見る

カテゴリー :

波板張替 高槻、宝塚

関西では台風の影響で風に煽られた波板が飛んでいったから直してという問い合わせが数多くありました。 な... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの防水が効いていない場合の工事 大阪市

ウレタン防水塗装 硬化するとゴムなどと似た性質となる弾性系の塗料。比較的安価ですが、耐久年数としては... 続きを見る