内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。
重ね張りの場合は、既存のフローリングを捲らず上にそのまま張り付けていきます。
コストを抑えた張替え方法ですが、デメリットとして、剥離している既存のフローリングの場合、
年数が経ってくると、接着不良による床鳴りの原因となります。
対策としては、剥離している箇所を特定してビスや接着剤で固定していきます。

重ね張りはフロアー材の厚み分だけ嵩上げされますので、サッシやドアの敷居の取り合い部分の厚みが出てきますので、場合によってはドアの下端をカットする場合も出てきます。

コストを抑えた工法ですが、末永く使っていく場合は、張替えをお勧めします。
張替えの場合は、フロアー材を剥がして下地の状態がチェックできるので、安心かもしれません。


施工前の和室とリビング

施工後のリビング


今回の現場は、和室の鴨居、敷居を撤去し、台所と和室をつないで1部屋のLDKに。フローリングを張り替えてバリアフリー仕様に仕上げました。
需要の多い工事ですね。

カテゴリー :

雨水の浸食によって傷んだ外壁の補修-茨木

外壁も塗装されていて判りずらいのですが、空けてみると木構造の下地は傷んでしまっていました。 おそらく... 続きを見る

カテゴリー :

和室のデザイン-大阪市

和室のデザインは、今やネットで気軽に調べられます。 ここをこうゆう風にと、言われても「ん?」となって... 続きを見る

カテゴリー :

勝手口廻りをきれいに-高槻

戸建住宅では主に勝手口廻りで、洗濯機置き場や物置として利活用されていますが、年数が経つにつれ掃除やメ... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの波板を交換しました-高槻

波板の交換などは、DIYで個人でも気軽に出来、価格も安いので日曜大工で週末のお父さんが腕を振るうケー... 続きを見る

カテゴリー :

古いトタン屋根から波板を張替ました。-茨木

古い波板(トタン)は、先端が尖っていて、目線の位置にあり危ないですし、ボロボロですので、古くなった波... 続きを見る