フローリング貼替は、用途に合わせて工事を行わないといけません。
チラシなどで安く載っている場合は大抵は重ね貼りと言って、フローリングの上にフローリングを重ねて貼る工法です。
場合によっては、出入り口のドアが当たる場合もあります。
床鳴りが起きている場合は、解消されないかもしれません。
和室では、畳を撤去して、捨て貼りを行いその上に畳の厚みの調整をしてからフローリングを貼ります。お客様の希望によっては断熱材を入れる場合もあるでしょう。価格も手間や材料費がかかるので、チラシの価格は無理です。理解した上での重ね貼りは可能ですけど、お話を伺うと重ね貼りはあまり提案しないかもです。


施工中の洋室になります。
洋室のフローリングはピアノを置くとの事でしたので、痩せた下地を撤去し根太を補強しています。


工事中のリビング。キッチンを撤去し床を貼り進めています。


キッチン入れました。写真を撮る間もなく、早速使っています。


洋室完成。ピアノも問題なし。

カテゴリー :

古いトタン屋根から波板を張替ました。-茨木

古い波板(トタン)は、先端が尖っていて、目線の位置にあり危ないですし、ボロボロですので、古くなった波... 続きを見る

カテゴリー :

内装とシステムキッチンリフォーム-高槻市

新たに中古の戸建てを購入し引っ越しを契機にリフォームを行う場合や建物の傷みを確認してからリフォームを... 続きを見る

カテゴリー :

店舗ドアと内装-茨木市

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。 壁はクロス... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの波板を交換しました-高槻

波板の交換などは、DIYで個人でも気軽に出来、価格も安いので日曜大工で週末のお父さんが腕を振るうケー... 続きを見る

カテゴリー :

リフォームか新築-高槻

大規模なリフォームの場合は、建物の不必要な個所を調べて壊して、補強して、処分してでのスタートになり、... 続きを見る