フローリング貼替は、用途に合わせて工事を行わないといけません。
チラシなどで安く載っている場合は大抵は重ね貼りと言って、フローリングの上にフローリングを重ねて貼る工法です。
場合によっては、出入り口のドアが当たる場合もあります。
床鳴りが起きている場合は、解消されないかもしれません。
和室では、畳を撤去して、捨て貼りを行いその上に畳の厚みの調整をしてからフローリングを貼ります。お客様の希望によっては断熱材を入れる場合もあるでしょう。価格も手間や材料費がかかるので、チラシの価格は無理です。理解した上での重ね貼りは可能ですけど、お話を伺うと重ね貼りはあまり提案しないかもです。


施工中の洋室になります。
洋室のフローリングはピアノを置くとの事でしたので、痩せた下地を撤去し根太を補強しています。


工事中のリビング。キッチンを撤去し床を貼り進めています。


キッチン入れました。写真を撮る間もなく、早速使っています。


洋室完成。ピアノも問題なし。

カテゴリー :

戸建の庇・破風板塗装-高槻

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)... 続きを見る

カテゴリー :

駐車場には砕石かアスファルト。-茨木市

大きな通りに面している、空き地スペースには、店舗・テナント・マンションなど様々な有効活用が考えられま... 続きを見る

カテゴリー :

フローリングの重ね張りと張替え-寝屋川市

内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。 重ね張りの場合は、既存のフローリングを... 続きを見る

カテゴリー :

洗面化粧台交換-高槻

洗面化粧台の入替になります。コーキング打ちもなく設置だけですので、取り付け施工費も安く導入できます。... 続きを見る

カテゴリー :

雨水の浸食によって傷んだ外壁の補修-茨木

外壁も塗装されていて判りずらいのですが、空けてみると木構造の下地は傷んでしまっていました。 おそらく... 続きを見る