フローリング貼替は、用途に合わせて工事を行わないといけません。
チラシなどで安く載っている場合は大抵は重ね貼りと言って、フローリングの上にフローリングを重ねて貼る工法です。
場合によっては、出入り口のドアが当たる場合もあります。
床鳴りが起きている場合は、解消されないかもしれません。
和室では、畳を撤去して、捨て貼りを行いその上に畳の厚みの調整をしてからフローリングを貼ります。お客様の希望によっては断熱材を入れる場合もあるでしょう。価格も手間や材料費がかかるので、チラシの価格は無理です。理解した上での重ね貼りは可能ですけど、お話を伺うと重ね貼りはあまり提案しないかもです。


施工中の洋室になります。
洋室のフローリングはピアノを置くとの事でしたので、痩せた下地を撤去し根太を補強しています。


工事中のリビング。キッチンを撤去し床を貼り進めています。


キッチン入れました。写真を撮る間もなく、早速使っています。


洋室完成。ピアノも問題なし。

カテゴリー :

和室の畳を無垢フローリングに。-茨木

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり... 続きを見る

カテゴリー :

玄関ドア入替ました。-茨木

玄関には取り付け方法が商品によってそれぞれです。 外付け・内付け・半外付け(玄関枠のサッシが柱の内側... 続きを見る

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

賃貸用戸建てを内外装リフォーム-茨木

予算に上限のある賃貸用ですが、傷みのあるヶ所を重点的に内外装リフォームを行いました。 修繕ヶ所は、和... 続きを見る

カテゴリー :

戸建の傾きや腐食を防ぐ為に。-枚方

築年数が過ぎた建物は、所々の傷みや傾きが出てきます。 設備機器の入替だけだと表面上はきれいに見えるけ... 続きを見る