2017年3月7日 / /

波板の交換などは、DIYで個人でも気軽に出来、価格も安いので日曜大工で週末のお父さんが腕を振るうケースが増えてきていますが、場所がベランダだとやはり専門家にお任せするのがお薦めします。

波板にも種類や対応年数があります。
波板の中にガラスネットが入っている素材は素人目には丈夫なイメージはありますが、何も入っていない波板の方が対応年数が長く末永く使っていく事が可能な波板があります。直接太陽光が当たる場所には、そちらをお勧めしています。(ポリカーボネイト製の波板といいます)


古くなった波板、見たところ痛みはあまり見られませんが、他の場所も波板を貼ってほしいということもあり交換することになりました。

概ね、ポリカーボネート製の波板は、耐候性に優れていますが適応年数の10年を大幅に超えてくると変色し割れてきます。
奥に見える隣の波板は割れていますね。


ポリカーボネイト製の波板-クリア色。

ベランダの波板リフォーム完成です。
クリア色は透過率が高く遮るものがありません。

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

トイレの交換リフォーム-高槻

トイレの交換方法はさまざまです。 土間タイルの上にトイレが据わっている場合やクッションフロアーも併せ... 続きを見る

カテゴリー :

トイレ交換しました。-高槻

水廻りのリフォームは必要以上に費用が掛かる。 それに比べれば比較的、低コストでの導入も可能なトイレ。... 続きを見る

カテゴリー :

古くなった建物。古くなった設備機器。-茨木市

古くなった建物。新しくすることは建て替えれば良い。 だが想いの積もった思い出の家であり、受け継ぐ子や... 続きを見る

カテゴリー :

腐蝕したデッキの入替工事-京都

外部に露出する木部は、こまめに塗装を行うなど、手を加えないと年々傷みが出てきます。特にウッドデッキは... 続きを見る