2017年3月7日 / /

波板の交換などは、DIYで個人でも気軽に出来、価格も安いので日曜大工で週末のお父さんが腕を振るうケースが増えてきていますが、場所がベランダだとやはり専門家にお任せするのがお薦めします。

波板にも種類や対応年数があります。
波板の中にガラスネットが入っている素材は素人目には丈夫なイメージはありますが、何も入っていない波板の方が対応年数が長く末永く使っていく事が可能な波板があります。直接太陽光が当たる場所には、そちらをお勧めしています。(ポリカーボネイト製の波板といいます)


古くなった波板、見たところ痛みはあまり見られませんが、他の場所も波板を貼ってほしいということもあり交換することになりました。

概ね、ポリカーボネート製の波板は、耐候性に優れていますが適応年数の10年を大幅に超えてくると変色し割れてきます。
奥に見える隣の波板は割れていますね。


ポリカーボネイト製の波板-クリア色。

ベランダの波板リフォーム完成です。
クリア色は透過率が高く遮るものがありません。

カテゴリー :

和室の畳を無垢フローリングに。-茨木

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり... 続きを見る

カテゴリー :

腐蝕したデッキの入替工事-京都

外部に露出する木部は、こまめに塗装を行うなど、手を加えないと年々傷みが出てきます。特にウッドデッキは... 続きを見る

カテゴリー :

増築リフォーム工事-高槻

建物が経って数十年。 家族構成や生活のスタイルも前と変化があるかもしれません。 住まいにも変化が現れ... 続きを見る

カテゴリー :

システムキッチン入替方法-高槻

キッチン入替と、フローリング貼替工事を行いました。クリナップのラクエラは安く人気のある商品になります... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室にユニットバスを拡張して設置-高槻

在来浴室にユニットバスを入れる場合のデメリットとして、設置作業する為のクリアランススペース(両サイド... 続きを見る