2016年3月4日 /

古い波板(トタン)は、先端が尖っていて、目線の位置にあり危ないですし、ボロボロですので、古くなった波板を新しく張替えました。波板も新しくすると印象も変わりますね。


トタン屋根金属製で、古くなってくると錆が出て年数が進むと穴が開いていきます。定期的にメンテナンスや塗装をすることで、傷みを抑える事も出来ますが、長期的にメンテナンスを含めたランニングコストを考えるとポリカーボネート製の波板が良いかもしれません。


トタン屋根を支えていた古くなった囲いを外し、目線の高さだった庇の位置を持ち上げて設置しました。


木製の部分は、外部に露出しているので、腐りにくい材料か塗装をしないと傷みが出てしまうので、枕木とかで使われているクレオソート(オイルステイン)で防腐処理をして仕上げています。


波板の張替え完成です。

カテゴリー :

在来浴槽から在来浴槽に変更しました。-高槻

現代のお風呂は2種類存在し、マンションで主に使われる構造体を傷を付けないユニットバス系と旧来から戸建... 続きを見る

カテゴリー :

戸建住宅からの店舗改装-寝屋川市

戸建も店舗も内装の違いはあれど、工事の中身は大して変わらない。 悪い所を治し、使い勝手も考慮し進めて... 続きを見る

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

勝手口廻りをきれいに-高槻

戸建住宅では主に勝手口廻りで、洗濯機置き場や物置として利活用されていますが、年数が経つにつれ掃除やメ... 続きを見る

カテゴリー :

トイレの交換手順-茨木

トイレの交換と床鳴りの修理を行いました。水廻りはシロアリに食べられてスカスカの現場が多いです。此処の... 続きを見る