2016年3月4日 /

古い波板(トタン)は、先端が尖っていて、目線の位置にあり危ないですし、ボロボロですので、古くなった波板を新しく張替えました。波板も新しくすると印象も変わりますね。


トタン屋根金属製で、古くなってくると錆が出て年数が進むと穴が開いていきます。定期的にメンテナンスや塗装をすることで、傷みを抑える事も出来ますが、長期的にメンテナンスを含めたランニングコストを考えるとポリカーボネート製の波板が良いかもしれません。


トタン屋根を支えていた古くなった囲いを外し、目線の高さだった庇の位置を持ち上げて設置しました。


木製の部分は、外部に露出しているので、腐りにくい材料か塗装をしないと傷みが出てしまうので、枕木とかで使われているクレオソート(オイルステイン)で防腐処理をして仕上げています。


波板の張替え完成です。

カテゴリー :

給湯器交換-茨木市

バランス式の風呂釜から火が出たので修理してほしいとの事でしたが、ふろ釜の故障でしたので、新しく給湯器... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室にユニットバスを拡張して設置-高槻

在来浴室にユニットバスを入れる場合のデメリットとして、設置作業する為のクリアランススペース(両サイド... 続きを見る

カテゴリー :

和瓦を軽量のスレート葺きの屋根に-高槻

和瓦は耐候性に優れていますが、和瓦自身の重さによる屋根の沈み込みよる防水性の欠落なども出てきます。又... 続きを見る

カテゴリー :

平屋から2階建てへ改築リフォーム-高槻

こちらは平屋から、2階建てへと増築、間取り変更(リフォーム)及び耐震補強を行いました。使える柱は残し... 続きを見る

カテゴリー :

店舗・事務所の原状回復(改装)工事-茨木

戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用... 続きを見る