2016年2月15日 / /

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり、経年と共に味わいが増していきます。


施工前の和室です。

木造の建物は年数が経ってくると、木が本来持つ水分量を失い痩せていき、
そのままリフォームをすると床鳴りがしたり傾いたままになります。

和室にフローリング貼る場合はそのままだと畳の厚みや敷居の段差があるので必ず捨て貼りを行います。

桟木の間に入れてあるのは水平レベルを平衡に保つため、レーザーで調整してパッキンを入れたり、桟木を削ったりして微調整を行います。

床の傾きを直して、下地完成

ミリ単位で調整しているので、敷居の高さも計算通り。

完成しました。
※無垢フローリングは、吸湿効果があり、伸びたり縮んだりしますので、床下収納のあるお部屋では、がちがちであかない場合があります。

カテゴリー :

波板張替 高槻、宝塚

関西では台風の影響で風に煽られた波板が飛んでいったから直してという問い合わせが数多くありました。 な... 続きを見る

カテゴリー :

戸建の庇・破風板塗装-高槻

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替ました。-兵庫

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強... 続きを見る

カテゴリー :

外塀ブロックを入れ替えました。-茨木

古くなって汚れたブロック塀が気になるとの事で、塀を新しくしてほしいとの依頼がありました。今回、ブロッ... 続きを見る

カテゴリー :

給湯器交換-茨木市

バランス式の風呂釜から火が出たので修理してほしいとの事でしたが、ふろ釜の故障でしたので、新しく給湯器... 続きを見る