2016年2月15日 / /

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり、経年と共に味わいが増していきます。


施工前の和室です。

木造の建物は年数が経ってくると、木が本来持つ水分量を失い痩せていき、
そのままリフォームをすると床鳴りがしたり傾いたままになります。

和室にフローリング貼る場合はそのままだと畳の厚みや敷居の段差があるので必ず捨て貼りを行います。

桟木の間に入れてあるのは水平レベルを平衡に保つため、レーザーで調整してパッキンを入れたり、桟木を削ったりして微調整を行います。

床の傾きを直して、下地完成

ミリ単位で調整しているので、敷居の高さも計算通り。

完成しました。
※無垢フローリングは、吸湿効果があり、伸びたり縮んだりしますので、床下収納のあるお部屋では、がちがちであかない場合があります。

カテゴリー :

和室にフローリングを貼ると印象もガラリ古民家風のリフォーム-高槻

和室のリフォームで一番多いのが洋風にフローリングを貼ってほしいとご相談される事ですね。 洋風と洋室 ... 続きを見る

カテゴリー :

床下の断熱材を入れて見る-高槻市

冬場になると寒くなってくるみんなの団欒スペースのリビング。 なぜ寒いのか?戸建ての場合、壁には断熱材... 続きを見る

カテゴリー :

玄関ドア入替ました。-茨木

玄関には取り付け方法が商品によってそれぞれです。 外付け・内付け・半外付け(玄関枠のサッシが柱の内側... 続きを見る

カテゴリー :

フローリングの重ね張りと張替え-寝屋川市

内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。 重ね張りの場合は、既存のフローリングを... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダからの雨水を防止リフォーム-高槻

ベランダは屋根と兼用している場合がありベランダの下のお部屋の天井はシミが出来てしまっている場合があり... 続きを見る