2016年2月15日 / /

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり、経年と共に味わいが増していきます。


施工前の和室です。

木造の建物は年数が経ってくると、木が本来持つ水分量を失い痩せていき、
そのままリフォームをすると床鳴りがしたり傾いたままになります。

和室にフローリング貼る場合はそのままだと畳の厚みや敷居の段差があるので必ず捨て貼りを行います。

桟木の間に入れてあるのは水平レベルを平衡に保つため、レーザーで調整してパッキンを入れたり、桟木を削ったりして微調整を行います。

床の傾きを直して、下地完成

ミリ単位で調整しているので、敷居の高さも計算通り。

完成しました。
※無垢フローリングは、吸湿効果があり、伸びたり縮んだりしますので、床下収納のあるお部屋では、がちがちであかない場合があります。

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

増築リフォーム工事-高槻

建物が経って数十年。 家族構成や生活のスタイルも前と変化があるかもしれません。 住まいにも変化が現れ... 続きを見る

カテゴリー :

外塀ブロックを入れ替えました。-茨木

古くなって汚れたブロック塀が気になるとの事で、塀を新しくしてほしいとの依頼がありました。今回、ブロッ... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室は傷みが出やすい。-高槻

在来工法で作られた浴室は、周囲をセメントやコンクリートで囲われた浴室となります。コンクリートは強度は... 続きを見る

カテゴリー :

腐蝕したデッキの入替工事-京都

外部に露出する木部は、こまめに塗装を行うなど、手を加えないと年々傷みが出てきます。特にウッドデッキは... 続きを見る