2016年2月15日 / /

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり、経年と共に味わいが増していきます。


施工前の和室です。

木造の建物は年数が経ってくると、木が本来持つ水分量を失い痩せていき、
そのままリフォームをすると床鳴りがしたり傾いたままになります。

和室にフローリング貼る場合はそのままだと畳の厚みや敷居の段差があるので必ず捨て貼りを行います。

桟木の間に入れてあるのは水平レベルを平衡に保つため、レーザーで調整してパッキンを入れたり、桟木を削ったりして微調整を行います。

床の傾きを直して、下地完成

ミリ単位で調整しているので、敷居の高さも計算通り。

完成しました。
※無垢フローリングは、吸湿効果があり、伸びたり縮んだりしますので、床下収納のあるお部屋では、がちがちであかない場合があります。

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

賃貸用戸建てを内外装リフォーム-茨木

予算に上限のある賃貸用ですが、傷みのあるヶ所を重点的に内外装リフォームを行いました。 修繕ヶ所は、和... 続きを見る

カテゴリー :

勝手口廻りをきれいに-高槻

戸建住宅では主に勝手口廻りで、洗濯機置き場や物置として利活用されていますが、年数が経つにつれ掃除やメ... 続きを見る

カテゴリー :

駐車場には砕石かアスファルト。-茨木市

大きな通りに面している、空き地スペースには、店舗・テナント・マンションなど様々な有効活用が考えられま... 続きを見る

カテゴリー :

古くなった建物。古くなった設備機器。-茨木市

古くなった建物。新しくすることは建て替えれば良い。 だが想いの積もった思い出の家であり、受け継ぐ子や... 続きを見る