2017年3月27日 / /

和瓦は耐候性に優れていますが、和瓦自身の重さによる屋根の沈み込みよる防水性の欠落なども出てきます。又、関西の震災以降、軽量のスレート屋根を用いるケースが増えてきています。価格も和瓦と比べればリーズナブルです。


解体前の和瓦です。


一部既存の屋根にスレート葺の屋根が使われていました。


天候の良い日に瓦を取り除いていきます。


瓦や瓦止め用の土を取り除いた所です。瓦の下地も悪く防水性は皆無です。


そのままでは屋根が作れませんので、既存の屋根下地の上に新設下地を組み込んで作っていきます。


屋根下地施工中です。


防水用のアスファルトルーフィング。雨水が浸透しないように敷き詰めていきます。


既存のスレート屋根には洗浄後、塗装を施していきます。


屋根と外壁の水切り部の修繕を行い屋根リフォームの完成になります。

カテゴリー :

店舗ドアと内装-茨木市

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。 壁はクロス... 続きを見る

カテゴリー :

外塀ブロックを入れ替えました。-茨木

古くなって汚れたブロック塀が気になるとの事で、塀を新しくしてほしいとの依頼がありました。今回、ブロッ... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダからの雨水を防止リフォーム-高槻

ベランダは屋根と兼用している場合がありベランダの下のお部屋の天井はシミが出来てしまっている場合があり... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室は傷みが出やすい。-高槻

在来工法で作られた浴室は、周囲をセメントやコンクリートで囲われた浴室となります。コンクリートは強度は... 続きを見る

カテゴリー :

店舗・事務所の原状回復(改装)工事-茨木

戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用... 続きを見る