2017年3月27日 / /

和瓦は耐候性に優れていますが、和瓦自身の重さによる屋根の沈み込みよる防水性の欠落なども出てきます。又、関西の震災以降、軽量のスレート屋根を用いるケースが増えてきています。価格も和瓦と比べればリーズナブルです。


解体前の和瓦です。


一部既存の屋根にスレート葺の屋根が使われていました。


天候の良い日に瓦を取り除いていきます。


瓦や瓦止め用の土を取り除いた所です。瓦の下地も悪く防水性は皆無です。


そのままでは屋根が作れませんので、既存の屋根下地の上に新設下地を組み込んで作っていきます。


屋根下地施工中です。


防水用のアスファルトルーフィング。雨水が浸透しないように敷き詰めていきます。


既存のスレート屋根には洗浄後、塗装を施していきます。


屋根と外壁の水切り部の修繕を行い屋根リフォームの完成になります。

カテゴリー :

スレート屋根を葺替リフォーム-高槻

古いスレート葺きの屋根でも苔が生えて滑るので、足場を掛けるのも危ない作業です。高圧洗浄をかけて綺麗に... 続きを見る

カテゴリー :

システムキッチンリフォーム-高槻

古くなったシステムキッチン新しくするとリビングに立つのも楽しくなりますね。 水廻りのリフォームは、経... 続きを見る

カテゴリー :

リフォームか新築-高槻

大規模なリフォームの場合は、建物の不必要な個所を調べて壊して、補強して、処分してでのスタートになり、... 続きを見る

カテゴリー :

フローリングの重ね張りと張替え-寝屋川市

内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。 重ね張りの場合は、既存のフローリングを... 続きを見る

カテゴリー :

和室の間取り壁をなくしリビングとつなぐリフォーム-茨木

恐らくは新築のマンションだと思いますが、和室を洋室に変更してほしいとの事で、対応させていただきました... 続きを見る