2017年3月27日 / /

和瓦は耐候性に優れていますが、和瓦自身の重さによる屋根の沈み込みよる防水性の欠落なども出てきます。又、関西の震災以降、軽量のスレート屋根を用いるケースが増えてきています。価格も和瓦と比べればリーズナブルです。


解体前の和瓦です。


一部既存の屋根にスレート葺の屋根が使われていました。


天候の良い日に瓦を取り除いていきます。


瓦や瓦止め用の土を取り除いた所です。瓦の下地も悪く防水性は皆無です。


そのままでは屋根が作れませんので、既存の屋根下地の上に新設下地を組み込んで作っていきます。


屋根下地施工中です。


防水用のアスファルトルーフィング。雨水が浸透しないように敷き詰めていきます。


既存のスレート屋根には洗浄後、塗装を施していきます。


屋根と外壁の水切り部の修繕を行い屋根リフォームの完成になります。

カテゴリー :

外壁塗装工事-高槻

建物のリフォームは、構造体を形成する外装に気を使わないと、建物のダメージは徐々に内側に浸食してきます... 続きを見る

カテゴリー :

腐食したウッドデッキの修繕-茨木

ウッドデッキには、天然木と樹脂で作られたデッキ材があります。 耐久性の面では、樹脂製が長持ちします。... 続きを見る

カテゴリー :

珪藻土左官工事-高槻

軽微な営繕工事など、お願いしても対応してもらえるのだろうかと心配しても当社は問題ありません。 小さな... 続きを見る

カテゴリー :

洗面化粧台交換-高槻

洗面化粧台の入替になります。コーキング打ちもなく設置だけですので、取り付け施工費も安く導入できます。... 続きを見る

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る