在来浴室にユニットバスを入れる場合のデメリットとして、設置作業する為のクリアランススペース(両サイド5cm合計10cm以上)が、必要になるので、通常であれば10cmは小さくなってしまいます。

設置されている浴室の広さは95cm。奥行には問題ないのですが、広さが95cmから85cmになり又、ユニットバスの規格サイズも考慮しないといけない為、更に広さが制限されてしまいます。

綺麗なユニットバスになると言っても、小さな浴槽ではお客様にとっては、あまり良いリフォームとならないでしょう。

今回のユニットバスの設置について、外壁を拡張できれば広さについては、問題ないのですが予算的な問題もある為、外壁は触らずに広さを100cmのユニットバスを設置しました。

在来浴室の斫り工事
在来浴室はタイル張りで内寸95cmとなっています。斫り機で在来浴室を解体していきます。

在来浴室の解体作業中
解体作業中です。浴室のタイルガラや内装材を剥がして、むき出しの状態に。

解体を終えた浴室
斫り作業を終えてから給排水の立ち上がりや捨てコンクリートの準備を行います。

ユニットバスの基礎コンクリート打ち
ユニットバスを設置する高さと床の高さを計算し、ユニットバスの基礎コンクリートの高さを計算します。

ユニットバスの養生
一定期間の養生を終えたユニットバスの設置スペース。外壁に面するヶ所は断熱材がありませんでした。

ユニットバスの断熱
柱と柱の間に隙間なく断熱材を敷き詰めていきます。

ユニットバスの組み立て作業
外壁を拡張することなくユニットバスを設置していますので、ユニットバスが飛び出していますね。

ユニットバス完成
ユニットバスの設置完了。

廊下側の間仕切壁
廊下側の壁を解体しているので、設置もしやすく廊下側のクリアランススペースが必要ありません。

間仕切り壁完成
手前に引き戸を設ける事によって、引き戸分の厚みで、飛び出していたユニットバスを隠すことができます。廊下側の壁全体も薄壁にしている為、あまり違和感の無いよう造作します。

ユニットバス完成
ユニットバスの完成。在来浴室から、ユニットバスに変更しつつ広さのサイズアップもしています。

施工前の洗面所
浴室の入り口には洗面化粧台がありトイレの入口とかち合うようになっていました。

洗面所裏の外壁
洗面化粧台の裏側に回ってちょっとした工夫を行っていきます。

外壁の解体
洗面化粧台の裏側だけ外壁を解体しています。

洗面所の給排水
洗面化粧台は20cm程、外部に持ち出します。(色が変わった部分は防蟻塗料)

洗面化粧台の設置
洗面化粧台を設置作業中。

洗面化粧台裏の外壁完成
外壁の拡張については、構造用合板に防湿シート、外装材で外壁を仕上げます。

洗面所完成
トイレの扉も洗面化粧台が邪魔していてあまり開かなかったのですが、外壁を拡張することによって開くようにしています。洗面化粧台の設置完成です。

カテゴリー :

リフォームか新築-高槻

大規模なリフォームの場合は、建物の不必要な個所を調べて壊して、補強して、処分してでのスタートになり、... 続きを見る

カテゴリー :

壁や床を新しくすると素敵ですね。-大阪市

フローリングの貼替とクロス工事 内装を新しくすると、見違えて綺麗になりますね。 それぞれ用途に合わせ... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替リフォーム-高槻

既存の玄関は車の出入りに少し邪魔だから、新しくしようとの事で、屋外のカーゲートの入替を行いました。又... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの波板を交換しました-高槻

波板の交換などは、DIYで個人でも気軽に出来、価格も安いので日曜大工で週末のお父さんが腕を振るうケー... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダからの雨水を防止リフォーム-高槻

ベランダは屋根と兼用している場合がありベランダの下のお部屋の天井はシミが出来てしまっている場合があり... 続きを見る