2016年7月4日 / /

在来工法で作られた浴室は、周囲をセメントやコンクリートで囲われた浴室となります。コンクリートは強度はあっても剛性があまりなく地震などの歪で亀裂が入りそこから雨水などの侵入により接する鉄部や木材などにダメージを与え続けます。
湿った木材はシロアリが好み食べられた木材は中身がスカスカとなったり、腐食の原因となります。外見上では劣化が確認できなくとも開けてみるとびっくりという現場も数多くあるので、定期的にメンテナンスが必要になります。

外壁と浴槽の入替前
在来浴槽をユニットバスに変更するとの事で解体したら、シロアリでやられていました。悪くなったところをすべて取り除くと写真のように外壁の一部を修繕する事になりました。

外壁と浴槽の入替中
悪くなった柱を修繕し、防蟻処理を施しました。
外壁と浴槽の入替中2
外装も膨れ上がり露出していたので、取り除き修繕。
外壁と浴槽の入替完成
完成。(ユニットバスの写真は撮り忘れでございます。)

カテゴリー :

店舗ドアと内装-茨木市

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。 壁はクロス... 続きを見る

カテゴリー :

戸建の庇・破風板塗装-高槻

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)... 続きを見る

カテゴリー :

トイレの交換手順-茨木

トイレの交換と床鳴りの修理を行いました。水廻りはシロアリに食べられてスカスカの現場が多いです。此処の... 続きを見る

カテゴリー :

給湯器交換-茨木市

バランス式の風呂釜から火が出たので修理してほしいとの事でしたが、ふろ釜の故障でしたので、新しく給湯器... 続きを見る

カテゴリー :

システムキッチン入替方法-高槻

キッチン入替と、フローリング貼替工事を行いました。クリナップのラクエラは安く人気のある商品になります... 続きを見る