2016年7月4日 / /

在来工法で作られた浴室は、周囲をセメントやコンクリートで囲われた浴室となります。コンクリートは強度はあっても剛性があまりなく地震などの歪で亀裂が入りそこから雨水などの侵入により接する鉄部や木材などにダメージを与え続けます。
湿った木材はシロアリが好み食べられた木材は中身がスカスカとなったり、腐食の原因となります。外見上では劣化が確認できなくとも開けてみるとびっくりという現場も数多くあるので、定期的にメンテナンスが必要になります。

外壁と浴槽の入替前
在来浴槽をユニットバスに変更するとの事で解体したら、シロアリでやられていました。悪くなったところをすべて取り除くと写真のように外壁の一部を修繕する事になりました。

外壁と浴槽の入替中
悪くなった柱を修繕し、防蟻処理を施しました。
外壁と浴槽の入替中2
外装も膨れ上がり露出していたので、取り除き修繕。
外壁と浴槽の入替完成
完成。(ユニットバスの写真は撮り忘れでございます。)

カテゴリー :

壁や床を新しくすると素敵ですね。-大阪市

フローリングの貼替とクロス工事 内装を新しくすると、見違えて綺麗になりますね。 それぞれ用途に合わせ... 続きを見る

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

雨水の浸食によって傷んだ外壁の補修-茨木

外壁も塗装されていて判りずらいのですが、空けてみると木構造の下地は傷んでしまっていました。 おそらく... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替ました。-兵庫

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの波板を交換しました-高槻

波板の交換などは、DIYで個人でも気軽に出来、価格も安いので日曜大工で週末のお父さんが腕を振るうケー... 続きを見る