2016年2月24日 /

現代のお風呂は2種類存在し、マンションで主に使われる構造体を傷を付けないユニットバス系と旧来から戸建で使われる在来工法の2種類。今は、ユニットバス系のお風呂が主流かもしれません。

今回工事するのは、後者の在来浴槽を入れ替える事になりました。

在来浴槽のメリットして、いまある空間の広さが最大限取れる事です。
お風呂が小さくなることは日々の生活の上で、ストレスがかかるものです。

ユニットバスだったら、在来浴室に箱を作るので、上下左右と上下にデッドスペース(クリアランススペース)が必ず必要になります。
広い在来空間があれば別ですが、小さくなるのだったら、リフォームしなかったら良かったと言われても仕方がありません。

悩み検討した結果、在来浴槽を入れ替える事となりました。

在来浴槽は、コンクリートで覆われているので、工事も大変。
夏場の作業は、粉塵マスクをしているので、サウナ状態です。


斫り工事も貼られているタイルを上手にはがさないと、
廃盤となっている規格サイズのタイル。

再利用する為、綺麗に斫って浴槽も交換します。


在来浴室を、浴槽を入替てリニューアルしました。

カテゴリー :

システムキッチンリフォーム-高槻

古くなったシステムキッチン新しくするとリビングに立つのも楽しくなりますね。 水廻りのリフォームは、経... 続きを見る

カテゴリー :

トイレ交換しました。-高槻

水廻りのリフォームは必要以上に費用が掛かる。 それに比べれば比較的、低コストでの導入も可能なトイレ。... 続きを見る

カテゴリー :

屋根漆喰打ち直しました。-高槻

屋根の漆喰も経年劣化で痩せていきます。触ったらぽろっと取れます。漆喰の打ち直し作業は、既存の漆喰を取... 続きを見る

カテゴリー :

和瓦を軽量のスレート葺きの屋根に-高槻

和瓦は耐候性に優れていますが、和瓦自身の重さによる屋根の沈み込みよる防水性の欠落なども出てきます。又... 続きを見る

カテゴリー :

床下の断熱材を入れて見る-高槻市

冬場になると寒くなってくるみんなの団欒スペースのリビング。 なぜ寒いのか?戸建ての場合、壁には断熱材... 続きを見る