2016年1月14日 / /

屋根の漆喰も経年劣化で痩せていきます。触ったらぽろっと取れます。漆喰の打ち直し作業は、既存の漆喰を取り除いてから、瓦のズレなどをチェックした後、新しい漆喰に打ち直していきます。


白っぽい所と黒っぽい所が屋根の漆喰になります。


瓦の末端部分。漆喰ないですね。


漆喰打ち直し作業中。


漆喰打ち直し完成。

カテゴリー :

在来浴槽から在来浴槽に変更しました。-高槻

現代のお風呂は2種類存在し、マンションで主に使われる構造体を傷を付けないユニットバス系と旧来から戸建... 続きを見る

カテゴリー :

腐食したウッドデッキの修繕-茨木

ウッドデッキには、天然木と樹脂で作られたデッキ材があります。 耐久性の面では、樹脂製が長持ちします。... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの防水が効いていない場合の工事 大阪市

ウレタン防水塗装 硬化するとゴムなどと似た性質となる弾性系の塗料。比較的安価ですが、耐久年数としては... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダ防水工事-枚方

建物の傷みは外部から、特に雨水の侵入によってダメージが蓄積されていきます。そのためベランダには注意を... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替ました。-兵庫

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強... 続きを見る