2016年5月17日 /

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。
壁はクロス仕上げ、床は木目調のクッションフロアーを貼り、店舗入り口の間仕切り・店舗ドアを造作しています。
既存の壁はプリント合板を貼っている為、目地の隙間が目立ち、所々剥離している箇所もありましたので、全面パテ・下地処理が行えない為、べニア張りをしています。

パテ処理が行える現場でも、新しいクロスを貼ると壁がデコボコしているので陰影が目立ちますが、
内装下地全面べニア張りの場合は、費用は掛かりますが、仕上がりが違ってきます。

工期は概ね1週間程度で完成です。

カテゴリー :

フローリングの重ね張りと張替え-寝屋川市

内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。 重ね張りの場合は、既存のフローリングを... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの防水が効いていない場合の工事 大阪市

ウレタン防水塗装 硬化するとゴムなどと似た性質となる弾性系の塗料。比較的安価ですが、耐久年数としては... 続きを見る

カテゴリー :

マンション用防音フロアー-高槻

マンションのフロアー材は階下の住人に配慮した材質でないと管理組合で工事の許可が下りないことが ありま... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室は傷みが出やすい。-高槻

在来工法で作られた浴室は、周囲をセメントやコンクリートで囲われた浴室となります。コンクリートは強度は... 続きを見る

カテゴリー :

腐食したウッドデッキの修繕-茨木

ウッドデッキには、天然木と樹脂で作られたデッキ材があります。 耐久性の面では、樹脂製が長持ちします。... 続きを見る