戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用するのが一般的です。
今回、長年使用していた店舗を退去に合わせて改装を行いました。間仕切り壁等仕切っていた壁や天井・床をすべて撤去してから改装を行っています。


スケルトン(骨組み)状態の空間。改装前①


スケルトン(骨組み)状態の空間。改装前②


隣の店舗との間仕切壁を作っていきます。


軽天材(鋼製下地材)で天井の水平を出して天井下地を作ります。


天井下地完成


ケイカル板を張り合わせていきます。


ケイカル板で施工中


壁はクロスと塗装で、床はCF(クッションフロアー)で仕上げて完成。リフォーム後①


当初リフォーム前は、じめっとした事務所から原状回復工事を行う事で見違えるようにきれいになりました。リフォーム後②

カテゴリー :

戸建の庇・破風板塗装-高槻

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)... 続きを見る

カテゴリー :

腐食したウッドデッキの修繕-茨木

ウッドデッキには、天然木と樹脂で作られたデッキ材があります。 耐久性の面では、樹脂製が長持ちします。... 続きを見る

カテゴリー :

トイレの交換リフォーム-高槻

トイレの交換方法はさまざまです。 土間タイルの上にトイレが据わっている場合やクッションフロアーも併せ... 続きを見る

カテゴリー :

珪藻土左官工事-高槻

軽微な営繕工事など、お願いしても対応してもらえるのだろうかと心配しても当社は問題ありません。 小さな... 続きを見る

カテゴリー :

店舗ドアと内装-茨木市

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。 壁はクロス... 続きを見る