戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用するのが一般的です。
今回、長年使用していた店舗を退去に合わせて改装を行いました。間仕切り壁等仕切っていた壁や天井・床をすべて撤去してから改装を行っています。


スケルトン(骨組み)状態の空間。改装前①


スケルトン(骨組み)状態の空間。改装前②


隣の店舗との間仕切壁を作っていきます。


軽天材(鋼製下地材)で天井の水平を出して天井下地を作ります。


天井下地完成


ケイカル板を張り合わせていきます。


ケイカル板で施工中


壁はクロスと塗装で、床はCF(クッションフロアー)で仕上げて完成。リフォーム後①


当初リフォーム前は、じめっとした事務所から原状回復工事を行う事で見違えるようにきれいになりました。リフォーム後②

カテゴリー :

和室の間取り壁をなくしリビングとつなぐリフォーム-茨木

恐らくは新築のマンションだと思いますが、和室を洋室に変更してほしいとの事で、対応させていただきました... 続きを見る

カテゴリー :

和室のデザイン-大阪市

和室のデザインは、今やネットで気軽に調べられます。 ここをこうゆう風にと、言われても「ん?」となって... 続きを見る

カテゴリー :

増築リフォーム工事-高槻

建物が経って数十年。 家族構成や生活のスタイルも前と変化があるかもしれません。 住まいにも変化が現れ... 続きを見る

カテゴリー :

屋根漆喰打ち直しました。-高槻

屋根の漆喰も経年劣化で痩せていきます。触ったらぽろっと取れます。漆喰の打ち直し作業は、既存の漆喰を取... 続きを見る

カテゴリー :

戸建の庇・破風板塗装-高槻

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)... 続きを見る