2016年2月8日 / /

築年数が過ぎた建物は、所々の傷みや傾きが出てきます。
設備機器の入替だけだと表面上はきれいに見えるけど、今後の生活する上で、床鳴りや腐食部分の取替など内部構造をチェックしてから設備の導入をしないといけません。

リフォーム工事で高額な明細は設備機器と人件費。
工事に関わる人件費を抑える為に、必要な所を修繕で済ませるか、交換するか、補強するかと工事の工法が変われば人件費も抑えられる為、工事予算と相談し決めていきます。
構造上の欠陥を放置せずに、利便性を求めるリフォームはそれからになります。

今回、中古の戸建てを使いやすくリフォームしたいとの希望で、内装、外装、間取りを替えてのフルリフォームになります。


40年程経ったキッチン

リフォーム前の室内

リフォーム後の室内

リフォーム後のダイニング

カテゴリー :

トイレの交換手順-茨木

トイレの交換と床鳴りの修理を行いました。水廻りはシロアリに食べられてスカスカの現場が多いです。此処の... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダ防水工事-高槻

張り出してあるベランダと建物に差し込んであるベランダでは、建物に受けるダメージが違ってきます。 差し... 続きを見る

カテゴリー :

システムキッチン入替方法-高槻

キッチン入替と、フローリング貼替工事を行いました。クリナップのラクエラは安く人気のある商品になります... 続きを見る

カテゴリー :

リフォームか新築-高槻

大規模なリフォームの場合は、建物の不必要な個所を調べて壊して、補強して、処分してでのスタートになり、... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴槽から在来浴槽に変更しました。-高槻

現代のお風呂は2種類存在し、マンションで主に使われる構造体を傷を付けないユニットバス系と旧来から戸建... 続きを見る