2016年2月8日 / /

築年数が過ぎた建物は、所々の傷みや傾きが出てきます。
設備機器の入替だけだと表面上はきれいに見えるけど、今後の生活する上で、床鳴りや腐食部分の取替など内部構造をチェックしてから設備の導入をしないといけません。

リフォーム工事で高額な明細は設備機器と人件費。
工事に関わる人件費を抑える為に、必要な所を修繕で済ませるか、交換するか、補強するかと工事の工法が変われば人件費も抑えられる為、工事予算と相談し決めていきます。
構造上の欠陥を放置せずに、利便性を求めるリフォームはそれからになります。

今回、中古の戸建てを使いやすくリフォームしたいとの希望で、内装、外装、間取りを替えてのフルリフォームになります。


40年程経ったキッチン

リフォーム前の室内

リフォーム後の室内

リフォーム後のダイニング

カテゴリー :

セパレート式ブロックキッチンとシステムキッチン-茨木

セパレート式のブロックキッチンは、排水の繋ぎ工事と取り付け費だけしかかからない場合がある為、工事費が... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダ防水工事-高槻

張り出してあるベランダと建物に差し込んであるベランダでは、建物に受けるダメージが違ってきます。 差し... 続きを見る

カテゴリー :

平屋から2階建てへ改築リフォーム-高槻

こちらは平屋から、2階建てへと増築、間取り変更(リフォーム)及び耐震補強を行いました。使える柱は残し... 続きを見る

カテゴリー :

店舗・事務所の原状回復(改装)工事-茨木

戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用... 続きを見る

カテゴリー :

古くなった建物。古くなった設備機器。-茨木市

古くなった建物。新しくすることは建て替えれば良い。 だが想いの積もった思い出の家であり、受け継ぐ子や... 続きを見る