2017年7月12日 / / / /

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)が主です。外壁も地震などで亀裂が生じたりしますが、今回は外壁の塗装ではなく外部に面する枠廻りや庇、破風板の塗装を行いました。

建物の耐久性も年々落ちてくるので、細やかなメンテナンスが、建物寿命を引き伸ばし、大規模なリフォームや改修工事を遅らせる事が出来るので、予算面でもメンテナンスを行う事をお勧めします。


施工前の外観-屋根に沿って見えている箇所が破風板と呼ばれている部分です。


足場を組んで、建物外装の亀裂や不具合が生じていないかチェックします。


樋には埃やコケでびっしり詰まって、樋金物を固定している銅線は所々ちぎれています。


建物の汚れを取り除く為、外壁の高圧洗浄を行います。


庇は、ブリキで褐色にさびていたので、洗浄後、錆止め塗装を施し、仕上げの塗装を行います。


洗浄後、錆止め塗装を行った外観。


汚れを取り除いて仕上げの塗装を行って施工完了です。

カテゴリー :

ガレージ倉庫デッドスペース拡張リフォーム-茨木

車の修理メンテナンスを行う修理工場のデッドスペースを有効活用できないかとの事で、大きな梁で渡してコン... 続きを見る

カテゴリー :

給湯器交換-茨木市

バランス式の風呂釜から火が出たので修理してほしいとの事でしたが、ふろ釜の故障でしたので、新しく給湯器... 続きを見る

カテゴリー :

増築リフォーム工事-高槻

建物が経って数十年。 家族構成や生活のスタイルも前と変化があるかもしれません。 住まいにも変化が現れ... 続きを見る

カテゴリー :

シロアリ恐るべし、ベランダがなくなった。-兵庫

こちらのベランダはシロアリに食べられてしまった現場です。決して火事でこうなった訳ではございません。 ... 続きを見る

カテゴリー :

店舗ドアと内装-茨木市

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。 壁はクロス... 続きを見る