2017年7月12日 / / / /

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)が主です。外壁も地震などで亀裂が生じたりしますが、今回は外壁の塗装ではなく外部に面する枠廻りや庇、破風板の塗装を行いました。

建物の耐久性も年々落ちてくるので、細やかなメンテナンスが、建物寿命を引き伸ばし、大規模なリフォームや改修工事を遅らせる事が出来るので、予算面でもメンテナンスを行う事をお勧めします。


施工前の外観-屋根に沿って見えている箇所が破風板と呼ばれている部分です。


足場を組んで、建物外装の亀裂や不具合が生じていないかチェックします。


樋には埃やコケでびっしり詰まって、樋金物を固定している銅線は所々ちぎれています。


建物の汚れを取り除く為、外壁の高圧洗浄を行います。


庇は、ブリキで褐色にさびていたので、洗浄後、錆止め塗装を施し、仕上げの塗装を行います。


洗浄後、錆止め塗装を行った外観。


汚れを取り除いて仕上げの塗装を行って施工完了です。

カテゴリー :

カーゲート入替ました。-兵庫

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強... 続きを見る

カテゴリー :

和室の畳を無垢フローリングに。-茨木

無垢フローリングは、一般に使われるフローリングと違い高価ですが、得られる天然木ならではの重厚感があり... 続きを見る

カテゴリー :

和室の畳をフローリングに。-茨木

和室の畳をフローリングに変更しました。 フローリングは、賃貸用で求められる安価なフロアー材から、傷や... 続きを見る

カテゴリー :

古いトタン屋根から波板を張替ました。-茨木

古い波板(トタン)は、先端が尖っていて、目線の位置にあり危ないですし、ボロボロですので、古くなった波... 続きを見る

カテゴリー :

リフォームか新築-高槻

大規模なリフォームの場合は、建物の不必要な個所を調べて壊して、補強して、処分してでのスタートになり、... 続きを見る