2017年7月12日 / / / /

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)が主です。外壁も地震などで亀裂が生じたりしますが、今回は外壁の塗装ではなく外部に面する枠廻りや庇、破風板の塗装を行いました。

建物の耐久性も年々落ちてくるので、細やかなメンテナンスが、建物寿命を引き伸ばし、大規模なリフォームや改修工事を遅らせる事が出来るので、予算面でもメンテナンスを行う事をお勧めします。


施工前の外観-屋根に沿って見えている箇所が破風板と呼ばれている部分です。


足場を組んで、建物外装の亀裂や不具合が生じていないかチェックします。


樋には埃やコケでびっしり詰まって、樋金物を固定している銅線は所々ちぎれています。


建物の汚れを取り除く為、外壁の高圧洗浄を行います。


庇は、ブリキで褐色にさびていたので、洗浄後、錆止め塗装を施し、仕上げの塗装を行います。


洗浄後、錆止め塗装を行った外観。


汚れを取り除いて仕上げの塗装を行って施工完了です。

カテゴリー :

セパレート式ブロックキッチンとシステムキッチン-茨木

セパレート式のブロックキッチンは、排水の繋ぎ工事と取り付け費だけしかかからない場合がある為、工事費が... 続きを見る

カテゴリー :

床下の断熱材を入れて見る-高槻市

冬場になると寒くなってくるみんなの団欒スペースのリビング。 なぜ寒いのか?戸建ての場合、壁には断熱材... 続きを見る

カテゴリー :

古いトタン屋根から波板を張替ました。-茨木

古い波板(トタン)は、先端が尖っていて、目線の位置にあり危ないですし、ボロボロですので、古くなった波... 続きを見る

カテゴリー :

マンション用防音フロアー-高槻

マンションのフロアー材は階下の住人に配慮した材質でないと管理組合で工事の許可が下りないことが ありま... 続きを見る

カテゴリー :

店舗・事務所の原状回復(改装)工事-茨木

戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用... 続きを見る