2016年5月4日 / /

戸建も店舗も内装の違いはあれど、工事の中身は大して変わらない。
悪い所を治し、使い勝手も考慮し進めていく。

今回の現場は、1室を店舗として活用するため、床は、土間仕上げで、
通りから続くエントランスも土間で通しています。

室内の古くなった設備の入替と建物の修繕を進めていきました。
水廻りの傷み具合は、築年数相応にダメージが出ていたので、
腐蝕のしにくい材料に防腐剤を塗り土台・下地を作って内装を施してあります。

以下施工中の現場写真です。

大きな平家の一軒家を店舗に増改築。店舗、調理場、客用トイレ等大規模な改築を行いました。


レーザーで傾きを調べて床下地を作ります。



カテゴリー :

新築の作り方-高槻

高槻市の新築工事になります。 古い家を解体し更地の状態にします。建物を建てる前段階です。 地盤調査を... 続きを見る

カテゴリー :

床下の断熱材を入れて見る-高槻市

冬場になると寒くなってくるみんなの団欒スペースのリビング。 なぜ寒いのか?戸建ての場合、壁には断熱材... 続きを見る

カテゴリー :

店舗・事務所の原状回復(改装)工事-茨木

戸建と違ってマンションの改装や店舗や事務所の原状回復工事は主に燃えない軽天(金属の骨組み)部材を使用... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室にユニットバスを拡張して設置-高槻

在来浴室にユニットバスを入れる場合のデメリットとして、設置作業する為のクリアランススペース(両サイド... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替リフォーム-高槻

既存の玄関は車の出入りに少し邪魔だから、新しくしようとの事で、屋外のカーゲートの入替を行いました。又... 続きを見る