2016年5月4日 / /

戸建も店舗も内装の違いはあれど、工事の中身は大して変わらない。
悪い所を治し、使い勝手も考慮し進めていく。

今回の現場は、1室を店舗として活用するため、床は、土間仕上げで、
通りから続くエントランスも土間で通しています。

室内の古くなった設備の入替と建物の修繕を進めていきました。
水廻りの傷み具合は、築年数相応にダメージが出ていたので、
腐蝕のしにくい材料に防腐剤を塗り土台・下地を作って内装を施してあります。

以下施工中の現場写真です。

大きな平家の一軒家を店舗に増改築。店舗、調理場、客用トイレ等大規模な改築を行いました。


レーザーで傾きを調べて床下地を作ります。



カテゴリー :

セパレート式ブロックキッチンとシステムキッチン-茨木

セパレート式のブロックキッチンは、排水の繋ぎ工事と取り付け費だけしかかからない場合がある為、工事費が... 続きを見る

カテゴリー :

内装とシステムキッチンリフォーム-高槻市

新たに中古の戸建てを購入し引っ越しを契機にリフォームを行う場合や建物の傷みを確認してからリフォームを... 続きを見る

カテゴリー :

駐車場には砕石かアスファルト。-茨木市

大きな通りに面している、空き地スペースには、店舗・テナント・マンションなど様々な有効活用が考えられま... 続きを見る

カテゴリー :

外壁塗装工事-高槻

建物のリフォームは、構造体を形成する外装に気を使わないと、建物のダメージは徐々に内側に浸食してきます... 続きを見る

カテゴリー :

戸建の傾きや腐食を防ぐ為に。-枚方

築年数が過ぎた建物は、所々の傷みや傾きが出てきます。 設備機器の入替だけだと表面上はきれいに見えるけ... 続きを見る