2016年5月4日 / /

戸建も店舗も内装の違いはあれど、工事の中身は大して変わらない。
悪い所を治し、使い勝手も考慮し進めていく。

今回の現場は、1室を店舗として活用するため、床は、土間仕上げで、
通りから続くエントランスも土間で通しています。

室内の古くなった設備の入替と建物の修繕を進めていきました。
水廻りの傷み具合は、築年数相応にダメージが出ていたので、
腐蝕のしにくい材料に防腐剤を塗り土台・下地を作って内装を施してあります。

以下施工中の現場写真です。

大きな平家の一軒家を店舗に増改築。店舗、調理場、客用トイレ等大規模な改築を行いました。


レーザーで傾きを調べて床下地を作ります。



カテゴリー :

駐車場には砕石かアスファルト。-茨木市

大きな通りに面している、空き地スペースには、店舗・テナント・マンションなど様々な有効活用が考えられま... 続きを見る

カテゴリー :

腐食したウッドデッキの修繕-茨木

ウッドデッキには、天然木と樹脂で作られたデッキ材があります。 耐久性の面では、樹脂製が長持ちします。... 続きを見る

カテゴリー :

床下の断熱材を入れて見る-高槻市

冬場になると寒くなってくるみんなの団欒スペースのリビング。 なぜ寒いのか?戸建ての場合、壁には断熱材... 続きを見る

カテゴリー :

フローリングの重ね張りと張替え-寝屋川市

内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。 重ね張りの場合は、既存のフローリングを... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダ防水工事-高槻

張り出してあるベランダと建物に差し込んであるベランダでは、建物に受けるダメージが違ってきます。 差し... 続きを見る