2016年5月28日 /

高槻市の新築工事になります。


古い家を解体し更地の状態にします。建物を建てる前段階です。


地盤調査を行います。建物が立つ周囲を建物の下、数十mに渡って調査し土中の状態(やわらかいのか硬いのか)を調べます。


地盤調査の結果、やわらかい場合は、そのまま建物は建てられませんので、セメントを流し込み地盤改良を行う必要があります。写真では、重機を使って穴を掘り、重機についている杭の先端からセメントが流れ出る様になっています。


セメント杭を流し込む場所は荷重がかかる建物の柱が立つ箇所になります。


砕石を流し込み転圧機で締め固めます。


防湿シートで基礎全体を覆い、土中の湿気を建物伝わらないようにします。


捨てコンクリート。建物の精度を高める為の作業です。


型枠作業。捨てコンクリートで作ったベースに図面と照らし合わせて墨出しを行い型枠を設置します。


配筋 施工中 1日中作業をすると腰が曲がるので、何度も立って腰を動かし、トントンと腰を叩いてはしゃがんでの繰り返し作業。


配筋 完成 こんなに入れるのと施主はびっくりされますが、第三者機関により配筋検査が入りますので、入れないといけないのです。


型枠完成 セメントを流し入れる前段階になります。セメントが流れても動かないようガチガチに型枠を固定します。


スランプ検査 当日、コンクリートミキサー車から出して調査します。
セメントを流し込む前にコップ(スランプコーン)にセメントを入れてひっくり返した時の高さで強度を確認します。


セメント流し込み ベース部分と立ち上がり部分を分けずに1発で流し込んでいきます。トンカチなどで型枠を叩きながらバイブレーターを使って、気泡を取り除きながら流し込んでいきます。


型枠撤去 養生期間を置いて型枠を外していきます。


土台は虫害や腐食に強い檜(ひのき)で直接土台と接しないように基礎パッキンを敷き積めその上に設置します。


断熱材と床の剛性高める為、厚みのあるコンパネを敷き積める。


棟上げ作業1 プレカット(工場でほぞ穴加工)をした材料を使うので、組み立てる作業は早いです。


棟上げ作業2 1階部分


棟上げ完成 工場で精度の高いプレカット技術のある現代では、棟上げのスピードが速く感じ、朝棟上げ作業を開始して、夕方には棟上げが完成します。


屋根 防水フェルトを貼ってからカラーベスト葺きの屋根にします。


棟上げした後は、ひねりに弱いので外周部をコンパネで覆い、建物を水平直角一直線にするため、サポートをしながら水平を出し、間仕切りや筋交い等を入れていきます。


屋根完成


ベランダ


セメント板等燃えない材料で防水の下地を作ります。


FRPを貼り付けてコーティング。防水塗料で上塗り。


内装床はフローリングで段差レス仕上げ。

ベランダ防水に必要ありませんが、モルタルを流し込む事に。


防水シールを一面貼ってモルタル仕上げ


養生中


室内内装完成


玄関エントランスはブロックを敷き詰める事に


エントランス施工中


和室の内装です。


リビングダイニング


玄関エントランス


外観

以上で新築の作り方完成です。

カテゴリー :

戸建住宅からの店舗改装-寝屋川市

戸建も店舗も内装の違いはあれど、工事の中身は大して変わらない。 悪い所を治し、使い勝手も考慮し進めて... 続きを見る

カテゴリー :

波板張替 高槻、宝塚

関西では台風の影響で風に煽られた波板が飛んでいったから直してという問い合わせが数多くありました。 な... 続きを見る

カテゴリー :

内装とシステムキッチンリフォーム-高槻市

新たに中古の戸建てを購入し引っ越しを契機にリフォームを行う場合や建物の傷みを確認してからリフォームを... 続きを見る

カテゴリー :

ベランダの波板を交換しました-高槻

波板の交換などは、DIYで個人でも気軽に出来、価格も安いので日曜大工で週末のお父さんが腕を振るうケー... 続きを見る

カテゴリー :

屋根漆喰打ち直しました。-高槻

屋根の漆喰も経年劣化で痩せていきます。触ったらぽろっと取れます。漆喰の打ち直し作業は、既存の漆喰を取... 続きを見る