外部に露出する木部は、こまめに塗装を行うなど、手を加えないと年々傷みが出てきます。特にウッドデッキは専用のデッキ材もしくは樹脂製のデッキ材を使えばメンテナンスの頻度も抑えられます。


セランガンバツ材-東南アジアに生息するデッキに最適な耐久性と強度を持った材料。今回こちらを使用します。


施工前の外観①。木材が持っている色つやが抜けてしまっています。


施工前の外観②。デッキ部分も所々傷みや腐食・抜け落ち等で、踏み込むとミシミシと沈み込みがあります。 


悪くなったデッキを撤去します。


梁の接合個所は、引っ付いているようで繋がっていない。


指で押し込むとズボッと陥没してしまいます。


梁は意味をなしていない為交換します。


デッキを受ける梁や根太材に防水テープを施し金属で覆って雨水の侵入を防ぎます。梁も入れ替えています。


施工中-床材を張ってます。


デッキ部分①


デッキ部分②


デッキの床板の交換完成です。

カテゴリー :

マンション用防音フロアー-高槻

マンションのフロアー材は階下の住人に配慮した材質でないと管理組合で工事の許可が下りないことが ありま... 続きを見る

カテゴリー :

改築リフォームしました。-高槻

こちらは外装から内装まで全面リフォームしました。(リノベーション)建物は和風の造りでしたが、和室をモ... 続きを見る

カテゴリー :

雨水の浸食によって傷んだ外壁の補修-茨木

外壁も塗装されていて判りずらいのですが、空けてみると木構造の下地は傷んでしまっていました。 おそらく... 続きを見る

カテゴリー :

戸建住宅からの店舗改装-寝屋川市

戸建も店舗も内装の違いはあれど、工事の中身は大して変わらない。 悪い所を治し、使い勝手も考慮し進めて... 続きを見る

カテゴリー :

賃貸用戸建てを内外装リフォーム-茨木

予算に上限のある賃貸用ですが、傷みのあるヶ所を重点的に内外装リフォームを行いました。 修繕ヶ所は、和... 続きを見る