外部に露出する木部は、こまめに塗装を行うなど、手を加えないと年々傷みが出てきます。特にウッドデッキは専用のデッキ材もしくは樹脂製のデッキ材を使えばメンテナンスの頻度も抑えられます。


セランガンバツ材-東南アジアに生息するデッキに最適な耐久性と強度を持った材料。今回こちらを使用します。


施工前の外観①。木材が持っている色つやが抜けてしまっています。


施工前の外観②。デッキ部分も所々傷みや腐食・抜け落ち等で、踏み込むとミシミシと沈み込みがあります。 


悪くなったデッキを撤去します。


梁の接合個所は、引っ付いているようで繋がっていない。


指で押し込むとズボッと陥没してしまいます。


梁は意味をなしていない為交換します。


デッキを受ける梁や根太材に防水テープを施し金属で覆って雨水の侵入を防ぎます。梁も入れ替えています。


施工中-床材を張ってます。


デッキ部分①


デッキ部分②


デッキの床板の交換完成です。

カテゴリー :

戸建住宅からの店舗改装-寝屋川市

戸建も店舗も内装の違いはあれど、工事の中身は大して変わらない。 悪い所を治し、使い勝手も考慮し進めて... 続きを見る

カテゴリー :

外壁塗装工事-高槻

建物のリフォームは、構造体を形成する外装に気を使わないと、建物のダメージは徐々に内側に浸食してきます... 続きを見る

カテゴリー :

ガレージ倉庫デッドスペース拡張リフォーム-茨木

車の修理メンテナンスを行う修理工場のデッドスペースを有効活用できないかとの事で、大きな梁で渡してコン... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替ました。-兵庫

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強... 続きを見る

カテゴリー :

店舗ドアと内装-茨木市

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。 壁はクロス... 続きを見る