2017年5月19日 / /

外壁も塗装されていて判りずらいのですが、空けてみると木構造の下地は傷んでしまっていました。
おそらく雨水の侵入で、塗膜に覆われた外壁の底部に行き場の失った雨水がしばらく留まっていた為、浸食されていったのでしょう。

今回こちらの外壁を修繕していきます。


外壁をダメージを受けた個所を中心に大きくはがしていきます。


傷んでしまっていた下地


下地の補強を行います。


雨水が入ってこないようにシートを貼って左官下地用のメッシュを敷きこみました。


外壁用の軽量モルタルで仕上げて養生乾燥。


外壁を同系色に合わせて完成。


外壁の修繕内容によっては、まったく下地がない場合は現場現場で結構な頻度で目撃します。
なかなか表にダメージが現れないので、気づきにくいのが難点ですが、重症化する前にこまめにメンテナンスを行う事で建物の寿命を上げられますので、気になったら専門家に見てもらった方が良いです。

カテゴリー :

トイレ交換しました。-高槻

水廻りのリフォームは必要以上に費用が掛かる。 それに比べれば比較的、低コストでの導入も可能なトイレ。... 続きを見る

カテゴリー :

古いトタン屋根から波板を張替ました。-茨木

古い波板(トタン)は、先端が尖っていて、目線の位置にあり危ないですし、ボロボロですので、古くなった波... 続きを見る

カテゴリー :

店舗ドアと内装-茨木市

普段は倉庫として活用していたと思われるスペースを新しくしようという事で内装を施しました。 壁はクロス... 続きを見る

カテゴリー :

在来浴室は傷みが出やすい。-高槻

在来工法で作られた浴室は、周囲をセメントやコンクリートで囲われた浴室となります。コンクリートは強度は... 続きを見る

カテゴリー :

床下の断熱材を入れて見る-高槻市

冬場になると寒くなってくるみんなの団欒スペースのリビング。 なぜ寒いのか?戸建ての場合、壁には断熱材... 続きを見る