2017年5月19日 / /

外壁も塗装されていて判りずらいのですが、空けてみると木構造の下地は傷んでしまっていました。
おそらく雨水の侵入で、塗膜に覆われた外壁の底部に行き場の失った雨水がしばらく留まっていた為、浸食されていったのでしょう。

今回こちらの外壁を修繕していきます。


外壁をダメージを受けた個所を中心に大きくはがしていきます。


傷んでしまっていた下地


下地の補強を行います。


雨水が入ってこないようにシートを貼って左官下地用のメッシュを敷きこみました。


外壁用の軽量モルタルで仕上げて養生乾燥。


外壁を同系色に合わせて完成。


外壁の修繕内容によっては、まったく下地がない場合は現場現場で結構な頻度で目撃します。
なかなか表にダメージが現れないので、気づきにくいのが難点ですが、重症化する前にこまめにメンテナンスを行う事で建物の寿命を上げられますので、気になったら専門家に見てもらった方が良いです。

カテゴリー :

スレート屋根を葺替リフォーム-高槻

古いスレート葺きの屋根でも苔が生えて滑るので、足場を掛けるのも危ない作業です。高圧洗浄をかけて綺麗に... 続きを見る

カテゴリー :

カーゲート入替ました。-兵庫

既存のカーゲートだと曲がってしまって収納するのも力が必要なので、新しくすることとなり、レール付きの強... 続きを見る

カテゴリー :

戸建の庇・破風板塗装-高槻

和風の戸建てで傷みが出やすい箇所は、ブリキで出来た庇(ひさし)や雨風を受ける木製の破風板(はふいた)... 続きを見る

カテゴリー :

フローリングの重ね張りと張替え-寝屋川市

内装フローリングには重ね張りと張替えの2種類の工法あります。 重ね張りの場合は、既存のフローリングを... 続きを見る

カテゴリー :

外壁塗装工事-高槻

建物のリフォームは、構造体を形成する外装に気を使わないと、建物のダメージは徐々に内側に浸食してきます... 続きを見る